NEWS & BLOG

BLOG 応談にも。いろいろありまして。。2015.06.28

駄文全開~

某方面で話題になってるとかならないとか

「応談のGTRって…売りに出ているね、あのGTR」

 

DSC_1567

 

はい、出ていますよ!

ご相談も応じますヨっ

・・・

 

だがしかし!

当社デモカーですので。

ひっきりなしに舞い込む仕事の合間を縫って仕上げてきたR

コンビニのサンドイッチみたいに

カンタンに製作はできませぬ・・

イベントや取材等で、結構出番もありますからね。

本当は、この車をデモにして、

どんどんGTRを仕上げていきたいんですけども。

クルマが入ってコナーイんです。

 

どうしてかな?

 

昔から名車ですし、スクラップにされまくってる訳でもなさそう。

で最近、ネット観ていると

今までベレGなんて売ったことも無いようなお店に出てきますね

当社が仕入れを断念した、アノ車も・・・

(どうして、当社で買わなかったのかは、ナイショだったりするんですが)

 

総個体数はそんなに減っていない、で、他店にある

ということは

他店が売れる(儲かる)と思って、手を伸ばしているか、かもしれません。

名車として認めていただくことは良い事なのですが。

「困ったら、東京に専門店あるから!」

等という無責任な売り方は!こっちが困るですね~

 

人気な旧車の相場は日に日に上がっている昨今、5年前とは事情も変わりました。

ベレGだって、トウゼンて感じです。

 

きちんと仕上げれば時間と費用はかかってしまいます。

でもボロで妥協するのは、プロ系の方以外には、まずお勧めできません。

完璧志向の方も、儚い夢ですし

良い車つくろうとマジメにやってても、カンペキなレストアって難しいものです。

マジメな仕上げと、それを駆るオーナー様との呼吸感が

長く乗り続ける快速ライフを創っていけるもんだと思う次第で

それでこの車は

 

DSC_1579

 

前期・オレンジツートン・レストア済!

 

この魔法の言葉に血沸き肉躍る貴方へ・・

 

本当にこのGTRが、貴方にとってベストなチョイスなのか?

その答えは

この車と我々を知る

ことで、初めて見えてくるんだと思います

 

カーシェリングのように、

1台に複数のオーナーが所有できる車ではないので。

部品・個体・メンテナンス

今はできるけど、永遠でも安泰な訳でもない。

 

ここまで書けばお分かりかと思いますが、

条件厳しいともう、検討のチャンスは僅かなものです。

でも欲しい。カッコイイ。乗りたい。

そんな方こそ

 

ベレGへの愛満ち溢れるISUZU SPORTSへ

思いをぶつけてみませんか?

プロとして回答申し上げマス

 

 


117 Coupeのレンタカー
ユーザー投稿写真ギャラリー
ヤフオク!パーツ販売
東京GT倶楽部
ZATSUのラーメン