NEWS & BLOG

BLOG いる?無茶?2020.07.27

どうも、無茶ぶりには慣れている担当Yです。

 

なぜ無茶ぶりになれているのか、、、、

 

 

わかる人にはわかる。

そんなところでしょうか?

 

まさにいる?むちゃー。

 

なしむしゃーでお願いいたします。

 

 

 

というこで無茶に引き上げてきました。

いるむちゃー。

 

 

 

 

残念ながらNOT書類なので大切に使わせていただきます。

 

 

ああ。。双子よ。とわに。。。

 

 

 

 

 

こちらではわが相棒ミラクオーレが運ばれていました。

 

現在置き場整理中です。

 

 

 

 

本日の悲劇。ナンバーボルトを締めようとしたら

ボルトねじ切れ殺人事件。

 

メカさんと四苦八苦して何とか困難突破(私はなにもしていません)

 

 

今日学んだことは「タップを切るのは常識」

ということでした。

 

 

納車が近いとお祭り騒ぎですね。

 

楽しんでやっております。

 

 

こういうのって記憶に残りますね。

 

 

多分これも1週間したら笑い話ですね。

 

 

ふと思ったのがお客さんやおじさんたちが昔の車に乗っていた時の話をすると

楽しそうに「故障」の話をします。

 

「あの時あんなところでエンジン止まっちゃってさー」

とか

「なんか急にクーラー効かなくなってさ。隣の女の子くたばってたよ」

とか楽しそうに話しますね。

うちの社長もそうですね。

 

その時は確かに「なんで壊れてくれんだ!このやろう!」

と思うかもしれません。

 

が、ノントラブルでノンストレスで記憶に残らない車と

トラブルがあるけど自分の人生を語る相棒となる車。

 

どちらが良いでしょうか。

 

 

きっと今のプリウスを30年後に語るとき、何も車の記憶はないでしょう。

せいぜいシフトレバーが短かった。そんなところだと思います。

 

女性も一緒ですよね。昔の付き合った女性を語るときにはきっと

「金遣いがあらくてけんかして浮気する女」が自分の人生を振り返ったときに

「濃い1ページ」になると思います。(あくまでも推測です)

 

 

 

勿論トラブルを正当化するような文章ではありません。

当社としてもできるだけトラブルの少ない車をつくる努力はこれからも必須です。

 

しかしトラブルはつきもの。

大事なのは「どう向き合うか」なのかもしれませんね。

 

どんなに良い車に乗っても些細なことを気にしてはキリがありません。

石原さとみと付き合ってアラ探しするようなものです。

逆にどんな車でも「こんなもんだろ!なんとかなる!」

と思えば良きパートナーとなってくれます。

 

いつか前に乗ってた車を語るとき「故障」は

自分の濃い1ページなり、成長させてくれると思います。

車には感情はありません。

「自分が思った感情」がそのままストレートに

かえってくるのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

長文失礼しました。

なんかふっと思ったので書いてみました。

 

人生も一緒ですね。

起きた物事に対して「どう捉えられるか」が

自分の人生を決めますね。

 

 

ではでは今日はこの辺で

 

過去アーカイブ↓↓

ローフォルム最終BAプレリュードSi、入荷してます。

 

 

魅惑の4WS

 

のってみたいね。

 

ではでは今日はこの辺で

 

 

担当Y

 

 


117 Coupeのレンタカー
ユーザー投稿写真ギャラリー
ヤフオク!パーツ販売
東京GT倶楽部
ZATSUのラーメン