NEWS & BLOG

整備日記 本革2019.04.10

今日は最終型リミテッドの本革シートを本気で綺麗にしよう作戦の開始

 

 

クリーニング前の状態

 

黒染みと汚れが新車時の鮮やかな赤革を台無しにしています

 

丸秘?テクニックで蘇らせてみましょう

 

 

 

 

リヤシートです

まずは革用のクリーニング剤とナイショ洗剤と道具を用いて表面の汚れを可能な限り除去します

分かりやすくするのでとりあえず半分だけ

 

 

赤い部分が戻ってきました。

革に塗料が乗っかっており、洗浄するとどうしても多少は色落ちしますが、仕方のないところ

 

 

 

アップです

 

 

 

 

次に、洗浄しただけだと、表面はカサつきゴワゴワ

 

このままにしておくと、革の弾力性が失われたままなので、亀裂や破れ、表面の悪化につながりますので

 

ケアが必須。

 

そして本革にはミンクオイルが一番。

ベースコンディショナーで表面の油分をある程度回復させます。

次に、ミンクオイルを表皮の固くなった部分、シワの部分に刷り込むようにして塗ります

 

本革は生き物!

潤いがあるかないかで、今後のモチも大きく違います。

うちのお店にきたからには。・。。。

 

 

 

ケア後(いまいち違いがわからないかもですが、滑らかさや肌触りが違います)

 

 

 

こんな感じになりました。

 

 

 

運転席と助手席も

 

こういう処理ができるのも、革自体の状態がある程度良かったからです。

 

本革の張替は100万近くかかり、ダメにしてからでは遅い?

 

リミテッドオーナーの皆さんは、ケアしましょーね。

 

自分のお肌もケアしてないのに・・・あれれ

 

 

 

 

 


千原ジュニアの名車再生
117 Coupeのレンタカー
ユーザー投稿写真ギャラリー
ヤフオク!パーツ販売
東京GT倶楽部