NEWS & BLOG

BLOG キャブって、インジェクションて、なんだろーね。2018.02.11

旧車といえば、キャブ。

でも、インジェクションも良い。

 

人それぞれ、車よりけりと言ったところなんですけど

 

やはり初めて旧車の門をたたく

憧れたアノ車のために未知の世界の扉を開けようとするビギナーさんには

ドキドキドッキリな面もありますよね。

 

そういうお客様からの

「実際にキャブとインジェクションのフィーリングや扱いがどの程度異なるのか」

「維持管理が自分に行えるかが気掛かりです。」

というご相談(質問)がありました。

 

そいで以下、こんな回答をしたんですけど、どうでしょうね。

内容は一般論の域を出ませんが、

同じ、ビギナーさんに、御役に立つなら、良いのですけど。

 

”キャブの件ですが、
初期状態を万全にしておけば、
比較的普通に乗れます。インジェクションだから絶対大丈夫ということはありません。
機械は何でも、壊れるときは壊れますし、調整次第で良しあしが出ます。
極度のメカ音痴でもない限り、ビビる必要はありませんよ。
とは言え、いきなり取っ組むには、理論を把握しないと難易度が高いですから、
プロに任せた状態から始めるべきかと思います”
”キャブもインジェクションも、それぞれフィーリングの違いや良しあしがあります。

簡単に言うなら、
キャブはダイレクトな快感があります。(特にツインキャブ)
アクセルを踏み込めば、そのぶんだけ燃料をエンジンにぶち込み吹き上がる。
規制前エンジンは、特に燃料噴射とバルブまわりに制限を掛けていないので、
加速にパンチがあります。
ソレックス等、スポーツキャブに換装すると、パワーアップもありますが、更にムードは高まります。

 

こんなかんじや

 

こんな感じですわね

 
逆にインジェクションの場合は、どこまでもスムーズ。
キーをひねれば苦も無くエンジンがかかり、
普通の車と同じように走り出します。(調子が良い車限定)
ただし、規制後のため、燃料は絞られ、おとなしい印象。
曲がりなりにも旧車なので、らしさは半減しますが、乗り手を選ばない意味では安定感があり、
あとは排ガスの臭いがわずかである。これが良いところ。
チューニングについては、ノーマルベースではやれることは少ないので、
オリジナルのまんま、キープさせる維持がポイントになります。”

 

自分で手をいれる….素人には難しいですよね

 

 
”構造上のメンテナンスポイントですが、

キャブのほうは、物理的に入力動作を要するので、
キャブ、リンケージ、ロッド等、動きが良い状態にしておかないと
スムーズに動きません。
整備とは、そういう面もきちんと整えておくことが重要です。

インジェクションでもそういう部分はありますが、
比較的、オーナーにはメンテフリー化されていることもあり
チェックポイントが減ります。
ただし、ユニットで具合が悪くなると、素人に手が出せない問題も有り、
手離れが良いとすべて良しという訳でもない、相応の苦労もあるのです。
なにしろ、どっちも30年以上経た、中高年な機械ですので… ”

 

 

 

 

 

皆さんは、どちらがお好みなんでしょー^^


RENT A CAR

117 Coupeのレンタカー

PHOTO GALLERY

ユーザー投稿写真ギャラリー

東京GT倶楽部
ヤフオク!

ヤフオク!パーツ販売